借金の催促を無視した人の末路は?

電話の着信音に震える日々

年齢/性別職業
20代/男性自営業
借入先借金
アコム60万円
アイフル30万円
レイク5万円

 

20歳の頃、パチンコにはまり、築けばアコムで借入、1か月で30万円の限度額を超え、すぐにアイフルで借入れ、どっぷり自転車操業をして負のスパイラルに陥りました。

 

 

アコムとアイフルを天井付近でうろうろしている中、それでもパチンコを続けていた私は、借入を増やそうとレイクにも相談。

 

 

他の2社は30万円から借り入れが出来たのに、3社目となるレイクの場合、なぜか5万円しか借り入れができませんでした。

 

 

ギャンブルで頭が狂っていた私は、その5万円を持ってパチンコ店へ、結局全部使ってしまい、どこにも借り入れができない状況になります。そして返済日に初めて、入金をすることが出来ませんでした。

 

 

返済日から数日が過ぎ、ついに業者の方から催促の電話。返すことができないと伝えた後、どんな反応が返ってくるのか怖くて、電話に出ることが出来ませんでした。

 

 

日が経つごとに、電話がなる間隔が短くなり、更に恐怖が増す私。このままでは本当にまずいと思った私は、ネットで借金に関するサイトを見て、必死に現状の解決策を探しました。

 

 

神様に思えた法律事務所

 

死に物狂いで解決策を探す私、するとネットを見続けて一つの単語が目に留まりました。それは、「任意整理」。

 

 

当時は2010年の利息見直しで、グレーゾーンがブラックになり、利息が18%を超えるものは、任意整理をすると、借金が減額、もしくは完済できるという事が広まり始めていた時期でした。

 

 

私は、アコムとアイフル、レイクの3社を借り入れしていましたが、正直どの会社も新基準のもと、利息は18%超えておらず、減額などはありませんし、何より、任意整理をすると「手付金」となるものを、法律事務所に払わなくてはなりませんでしたので、完全に赤字です。

 

 

それでも多重債務者だった私が任意整理をしたのは、3つの大きなメリットがあったからです。

 

  • 任意整理をすると、法律事務所が、金融会社との間に入ってくれるので、催促の電話が一切来なくなる
  • 任意整理をすると、弁護士と相談して、支払い額は無理のない金額に設定出来るし、振り込み先は法律相談事務所宛ての一か所のみなので、支払い額が明確化する。
  • 今後、クレジット使用、借り入れが、返済後、約5年は物理的に不可能になるので、借金ができない

 

任意整理をする手付金という借金を作っても、弁護士にすがったのは、この3つのメリットが大きかったからです。

 

 

特に、まず現状一番苦しめられていた、催促の電話をストップさせることが出来た事が気持ちを楽にさせてくれました。

 

 

そして、3社から借りたり返したりを繰り返していた時は、いくら借りていくら返すのか、正確な数字が分かりませんでしたが、任意整理をすることで返済額をはっきり把握できて、5年で無理のない返済額に出来て、計画的に返済していきました。

 

 

更に、デメリットでもありますが、信用が事故扱いになりますので、強制的に借金出来なくなるのは私にとってはプラスです。

 

 

催促の電話はすぐに取ったほうがよい

 

私の場合、多重債務者で、全てのカードが天井、返すお金も無いどうしようもない状況だったので、恐怖から一切電話に出れませんでした。

 

 

そして債務整理をすることで解決出来ましたが、借金が完済までが5年、完済後更に5年、合計10年は、借り入れはもちろん、車などのローンも組めず、更にクレジットカードすら使えず、作る事も出来なくなりました。

 

 

正直、クレジットカードが使えないのはかなり不便です。もし、心に余裕があれば、債務整理などしない方が良いです。

 

 

催促の電話だとしても、すぐに連絡をとり、事情を説明すれば、少し返済期間を延ばしてくれたかもしれません。

 

 

もし、催促の電話を無視している人がいたら、まずは電話を取り、相談してみてください。債務整理は最後の手段にした方がいいですよ。

多重債務者になって借金の催促を無視して任意整理するまで

多重債務者になって借金の催促を無視して任意整理するまで

とりあえず、法律相談カフェがどういった所なのか確認したい方はこちらをご覧ください。
多重債務者になって借金の催促を無視して任意整理するまで
多重債務者になって借金の催促を無視して任意整理するまで

とりあえず、法律相談カフェがどういった所なのか確認したい方はこちらをご覧ください。