借金の催促を無視した人の末路は?

収入が足りずに滞納

年齢/性別職業
20代/男性会社員
借入先借金
アコム110万円

 

当時契約していたキャッシングはアコムのみでしたが、それ以外にもクレジットカードの支払いをしなければなりませんでした。

 

 

それまで遅延は一度も起こしたことが無かったのですが、ある月にやりくりに困ってしまい、全額の支払いを済ませるには2万円ほど足りなくなってしまったのです。

 

 

支払いに優先順位を付けざるを得ない状況で、クレジットカードの支払いを先にして、アコムへの返済を無視し、私の人生の中で初めて借金の滞納という経験をすることになりました。

 

 

約一週間後にアコムから入電

 

借金の返済予定日から約一週間が経過した頃だったでしょうか、アコムから私が登録していた携帯電話に電話がかかってきました。

 

 

どんな内容かは電話に出なくても分かっていましたし、出なければならないことは充分に理解していました。

 

 

しかしこの時には、別に電話に出なくても督促状が届いたら支払えばいいやという甘い考えがあり、何度かかかってきた電話を全て無視してしまったのです。

 

 

ただ、その後も予想していたような厳しく返済を求めるような書類が届くことがありませんでした。

 

 

翌月以降も金銭的な余裕が生まれなかったということもあり、「まだ無視しても大丈夫だろう」と感じて滞納を継続してしまうことに。

 

 

結果としてこの判断が最大の誤りであり、数ヶ月後に人生を大きく左右する出来事を招くことになってしまいました。

 

 

一括返済を求める督促状が到着

 

最初の借金滞納からおよそ3ヶ月が経過した頃、アコムからそれまで見たことのないような封書で督促状が自宅に郵送されてきました。

 

 

「そろそろ支払って下さい」といった内容のものだとばかり思っていたのですが、予想に反して「一括で全ての借金を返済して下さい」という内容で驚いたことを覚えています。

 

 

借金の残高はまだ80万円以上残っており、貯金も無い私には一括返済などどう考えても不可能です。

 

 

冷静に考えれば、ここでアコムと掛け合って分割での支払いに応じて貰うように交渉すべきだったのですが、当時の私はパニックという言葉が似あうような状態。

 

 

もはや任意整理しかない、という発想にまで至ってしまい、それだったらすぐに返済したところで意味が無いだろうと思い、無視を続けてしまったのです。

 

 

それから更に数ヶ月が経過すると、今度は裁判所から支払いを行うようにという旨の書面が自宅に届きました。

 

 

状況が確実に悪化の一途を辿っていることは誰の目にも明らかです。私は弁護士への相談を具体的に考えるようになり、そのまま臭い物には蓋という感覚で督促を無視していました。

 

 

悪夢の給料差し押さえ

 

全ての督促を無視し、電話にさえ出ずに過ごした結果、私が迎えた結末は悪夢の「給料差し押さえ」というものでした。

 

 

給料の25%を自動的にアコムに差し押さえられるようになってしまい、生活を成り立たせることが困難になってしまったのです。

 

 

自分で蒔いた種とはいえ、まさかこのような対応を取られるとは思いもしませんでした。

 

 

給料を差し押さえられるのですから、当然ながら借金をしているということや滞納をしたという事実は職場で知れ渡ってしまいました。

 

 

従業員の少ない小さな会社なので、噂はあっという間に広まり、その職場に残って働くことはもはや難しくなり、退職を決断。その後は任意整理を行ってアコムへの返済を細々と続けながら現在に至っています。

 

 

今にして思えば、なぜあの時に電話を無視したのだろう、裁判所からの連絡を無視したのだろうと後悔することばかりです。

 

 

当たり前のことではありますが、借金の返済を無視して良いことなど一つもなく、私と同じ過ちを犯す人が現れないことを祈るばかりです。

借金返済のコツ

借金の督促を無視した結果、仕事を続けられなくなった体験談
借金の督促を無視した結果、仕事を続けられなくなった体験談
借金の督促を無視した結果、仕事を続けられなくなった体験談



借金の督促を無視した結果、仕事を続けられなくなった体験談
借金の督促を無視した結果、仕事を続けられなくなった体験談


とりあえず、街角相談所-法律-がどういった所なのか確認したい方はこちらをご覧ください。